このコーナーは、クリーニング業界紙『全国ドライ新聞』に住連木が連載しているコラムをカラー写真で紹介しています


HOME消費者向け広報資料カウンター専門知識通信講座講演活動季刊パンドラ一刀独断トラブル事件簿出版活動繊維商品めんてなんす研究会TES会東日本支部繊維評価技術協議会アパレルウェッブ


 [ドライクリーニング]という用語は消費期限切れの死語?
英国業界紙トップ記事で警告


英国ランドリー・アンド・クリーニング・ツデイ紙10月1日号
 イギリスのクリーニング業界新聞「ランドリー・アンド・クリーニング・ツデイ」紙が10月1日号の1面トップで掲げたタイトルが、ヨーロッパのクリーニング業界に衝撃を与えている。その大見出しとは「消費期限切れの『ドライクリーニング』という用語は死語では無いのか?」というものだ(原文のdrycleaningという言葉は、慣用的に日本で言う一般家庭を対象とした「クリーニング」という意味)。
●作業内容と商品名が違ってきている?
 従来のクリーニング業は、スーツとワイシャツをドライあるいはランドリーでサービス提供して代金をいただくという仕事として、200年近い歴史を歩んできた。しかし、ここ数十年で、多様な新素材や加工、染色技術が開発され、大衆ファッション文化も大きく変化しており、現場におけるクリーニング技術も、単に洗うというだけでは無くさまざまな配慮が要求されるようになった。だが、消費者に提示しているメニューは従来通り「ドライクリーニング」というものだけであるのが世界の現状だ。
 イギリスの業界紙は読者であるクリーニング業界人に、次のように呼び掛けている。「あなたがたは、『テキスタイル・ケア・スペシャリスト』なのだ。」
 「テキスタイル・ケア・スペシャリスト」は、「繊維製品のお手入れをする専門家」という意味だ。
 風合いを整えたり、着崩れたシルエットを復元したり、毛玉を除去したり、水洗いできない製品の汗汚れを除去したりといった、通常の洗浄工程以外の作業によって、単に洗うだけでは無く、繊維製品のダメージを修復する専門家ということだろう。もし、このことを消費者に知らせることなく(メニュー化することなく)ただ、一律に「ドライクリーニング」というメニューだけで、サービス競争や料金競争を続ければ"Dog eat dog"ということになると同紙では警告している。 "Dog eat dog"(犬が犬を食う)とは、生き残りのための食うか食われるかの「共食い」になるということだ。
●クリーニング店では特殊技術は無償?
 クリーニング工場の現場での、補修・修整のほとんどの作業は、洗いのための前処理業務として料金に反映されていないのが現実ではないだろうか。また、クリーニング工場でのボタンつけは無償だが、リフォームショップでは有償、色掛けは洗浄工程を経て鮮明になった経時劣化による退色の修整復元だが、正当な収益源となっていないどころか、クレーム対応の無償作業となっているのが現実だ。
 クリーニング業界は、消費者の良きアドバイザーとして、これらの技術を知らせ、またこれらの技術も専門家としてより一層習熟させ商品として有償化していく必要があるといえる。また、そうすることが、仕事の内容と価値を消費者に理解してもらうことにもなり、トラブルも減少することにもなるはずだ。


 リンク集
 全国ドライ新聞
クリーニング業界新聞
 クリーニングナビ
クリーニングに関する検索エンジン