講演活動

HOME消費者向け広報資料カウンター専門知識通信講座講演活動季刊パンドラ一刀独断トラブル事件簿出版活動


 


主宰住連木まさしは、繊維知識、世界のクリーニング経営業態、営業店・従業員教育のために、クリーニング、アパレル、大学、消費者団体等の主催による講演活動を行っています。

【過去の講演テーマ】

●トラブルで知るファッション素材
基礎的な繊維と洗浄の知識とトラブル発生の原因を紹介する
なぜ、汚れは衣服に付くのかという疑問に始まり、なぜ汚れは落ちるのかという答えを導きます。このために必要な繊維の基礎知識と、洗浄の原理、ドライクリーニングの本当の価値を解説します。また、受付時に確実な検品を行えば、クリーニング事故の半分以上はなくなるという事実を証明し、なぜ事故は起きるのか、どうすれば事故の原因を発見できるのか、消費者にどう説明すればいいのかを紹介します。

●生き残るための業態変革
家庭用洗濯機は洗乾一体型に進化し、繊維製品はエコロジーの掛け声で水洗可能なものが増加し、洗剤も酵素など助剤の開発によって機能を高めています。また、社会風潮は権威主義からカジュアルなものへと変化し、景気回復の見通しも立たないまま家計の紐は硬く、クリーニング需要は1992年をピークに、平成15年の統計ではその52.3%にまで落ち込んでしまいました。そしてまた、これは世界のクリーニング業界共通に起こっている現象でもあります。今後も、家庭洗濯の技術革新とカジュアル化はとどまることを知りません。その一方で、多様な技術と素材による新規なファッションは増え続け、クリーニング事故は多発の一途をたどっています。消費者の期待に応えることができず信頼を失うクリーニング業に明るい未来はあるのでしょうか。まだまだ残されている輝かしいクリーニング業発展の可能性とその方向について、具体的なデータ、成功事例、海外業者の業態変革への挑戦などを紹介しながら提言いたします。

●クレームを売上に変える水際作戦
専門的な繊維知識を身に付けプロの衣生活アドバイザーに変身する
待てば売上の上がる時代は、遠い過去のものになりました。クリーニング営業店は、「受付」からプロとして信頼される「SE(セールスエンジニア)」に変身しなければ生き残ることすら困難な21世紀に突入しているのです。繊維知識を身に付け、お客様からの信頼感を獲得しましょう。これからの営業担当者は、衣料品の欠点を発見し、お客様に確認することによって、ホツレなどの補修売上、甘くなったプリーツなどの加工売上、ウェットクリーニングや特殊染み抜きなどの付加価値売上に結び付けていかねばならないのです。そうすれば、お客様に感謝され、自信とプライドを持って業務に励むことができます。

●英国ジョンソンクリーナーズ業態大改革
世界最強のグループ企業が、21世紀の生き残りをかけて大改革を断行しました。その全貌を現地取材報告します。ここには 未来へのクリーニング企業繁栄の道が示されています。
全国約520のユニットショップのブランド、店舗デザイン、機械設備、マニュアル、作業内容、人材教育システムのすべてを、新しいものに変えてしまいました。これは、従来のクリーニング業の在り方では、必ず衰退する−社会的存在価値が無くなるとの判断からでした。21世紀における環境問題、家庭洗濯技術の技術開発、ファッションやライフスタイルのカジュアル化といったクリーニング業を囲む困難な状況に対する答えとして、「クリーニングからクリーンノロジー」への大転換を多大な犠牲を払って開始しています。

●ミルト&マイケル販売促進戦略
 ミルト&マイケル・マスター・ドライクリーナース社(以下=M&M)は、米国ロサンゼルス郊外のバーバンクに所在する建坪百十三坪のパッケージプラントですが、この店が単独店舗でありながら、年商三百万ドル(約四億円)を達成したことによって、世界中のクリーニング業界人から注目を浴びることとなりました。この成功の陰には、クリーニング業としての基本の確実な実践と革命的な新業態への発想、徹底した顧客至上主義から導き出された販売促進戦略とがあります。
 このM&Mの成功の秘密を、これから「M&M誕生編」「接客編」「アルタレーション編」「販売促進編」「店舗哲学の演出編」の五部に分けてご紹介します。